第7章:魔法を覚えたジータちゃん

  • G
  • 6856字

登場人物

ジータちゃん
絵物語の見本市に間に合うように出発したいから、予定通りこの島への滞在は最大三日ね!
ドランク
ふーん。スツルム殿にそんな趣味があったなんてねぇ
スツルム
うるさい! 誰にだって趣味の一つや二つあるだろ!
アオイドス
俺とヘイヴンしないか? ……フッ、いや、愚問だったな
アカイドス
勘弁してくれ……

ここまでのあらすじ

 私、ジータ! とある騎空団の団長をやってるの! 趣味は人間観察(という名の出歯亀)!
 銃も楽器も向いてないって言われて悩んでいたら、たまたま会ったドランクに入門魔法書を選んでもらっちゃった。
 ルナールの希望で彼とアオイドスを組ませて絵のモデルにしたんだけど、邪魔が入って残念な結果に……。でも、二人共それなりに楽しんでたみたい。
 私の居ない間に、ルナールの提案でアオイドスのゲリラライヴ開催が決定されていたみたいなんだけど、色々と大丈夫なのかな……。


このサイトではクッキーを使用しています。
詳細