十五回目の春

目次

更新:本編『存在しない少女』

作品について

あらすじと登場人物紹介
  • 418字

本編

PG12
第1章:十五回目の春
  • PG12
  • 1590字
「十五回目の春だ」
第2章:尋ね人
  • PG12
  • 965字
「魂で判るよ」
第3章:愛の形
  • PG12
  • 2240字
「待てるでしょ、その位」
第4章:増える心配事
  • PG12
  • 1730字
望んだところで叶うだろうか。
第5章:最悪の出だし
  • PG12
  • 2335字
「知らねえよ。つーか、そいつの話なんか二度とすんな」
第6章:失望と期待と
  • PG12
  • 1586字
「協力するよ。父親探し」
第7章:お尋ね者?
  • PG12
  • 1502字
ふと、嬢の顔が思い浮かんだ。
第8章:父親探し
  • PG12
  • 1563字
「このままでも構わないから、その時間、一緒に居られる方が嬉しいな」
第9章:捜索団、結成!
  • PG12
  • 2205字
「何千年経っても、やっぱりお茶は入れたてが一番」
第10章:迫り来る魔の手
  • PG12
  • 2515字
「真田姉妹には気を付けろ」
第11章:存在しない少女
  • PG12
  • 3258字
「今度家に来ない? パパとママも懐かしがると思うの」

このサイトではクッキーを使用しています。
詳細