短編

 ドラスツばっかりです。

ファンノベル(二次創作)です。
原作者等とは一切関係ございません。
同人誌等は「星神智慧」「ほしがみちえ」名義、サークル名「宇宙混沌」で出版しています。

墓前にて
  • PG12
  • 5443字
ドランクに弟が居たら、という設定の話をずっと書きたかった。
とんでもなく暗い。
あとこんな若いドランク書くの久々の気がする。
平行線
  • G
  • 19771字
  • ♥ 1
若ドラスツ(と最後だけグランサイファー)
聖夜のグランサイファーにて
  • PG12
  • 4927字
  • ♥ 2
アオイドスがお酒にめちゃくちゃ強い(※クリスマスボイスより)と聞いて(でもこの話はドラスツ)
目覚まし時計は便利なので軽率に使っていこう。
最後のページはおまけ。
囀り
  • R15+
  • 2574字
  • ♥ 3
うるさいドランクを書く練習。
一人の夜は長し、二人の道も長し
  • G
  • 8706字
  • ♥ 1
個人的にはゲーム世界での二人は事実婚だと信じているので、なんかそういうドラスツになるまでが書きたかったんですが、やっとそれっぽいのが書けた気がする。
不器用な二人
  • G
  • 6323字
出会って間もない頃、付き合ってないドラスツ。どっちもコミュ障。
疑心暗鬼
  • R15+
  • 5294字
  • ♥ 4
真理に辿り着いた。
煙の向こう側
  • G
  • 1254字
  • ♥ 4
若ドラスツ
touch
  • R18+
  • 1412字
  • ♥ 6
この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。
名前も知らない少女
  • R15+
  • 5585字
  • ♥ 5
昔致せなかったドラスツが致すまでの話(本番シーンは無い)

このサイトではクッキーを使用しています。
詳細