Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

Humanoid or Human

目次

更新:本編[完結済み]『終章』

作品について

あらすじと登場人物紹介397字 更新

 時は三十一世紀。二十世紀後半から急速に発展した科学技術は、人間そっくりのロボットを大量生産する事を可能にしていた。  人間型宇宙探査機(宇宙探査用ヒューマノイド)のアルは、長い調査を終えてテラへと帰

G 本編[完結済み]

第1章:序章1095字 更新

「お前に会えるかもしれないと思ったからかもな」

第2章:テラ2378字 更新

「…まあ、テラに無事到着したら、種明かしをしてやるよ」

第3章:ヒューマノイド1970字 更新

これだけ技術が進歩しても、実現されていない事があった。それは、「心を持つロボットを作りだす事」である。

第4章:懐かしいという感情1815字 更新

その理由を問い質す様な野暮な事を、アイはしなかった。

第5章:研究所1877字 更新

(これは…) 俺の中の電子頭脳が計算したくもない可能性を示唆し始めた。

第6章:読めない心1825字 更新

「他にも区別する方法はある。例えば、『心』を持っているかどうか」

第7章:地下一階2193字 更新

「IC社の部屋、やっぱり違う用途になってるな。『第二抽出室』?」

第8章:機械の神様2059字 更新

「どうしました? もう電池切れですか?」

第9章:精神定着装置1265字 更新

「そりゃ、『愚者』に見つかかるとまずいけど…マーカスにやらせれば良かったのに…」

第10章:アルバートという男2499字 更新

「…俺はもう人を殺さないって覚悟をしてんだよ」

第11章:失敗、そしてまた…2375字 更新

「…君、僕を騙してるね?」

第12章:こうして歯車は狂う2602字 更新

「離せ! 犠牲者を増やしたくないだろう!?」

第13章:滅亡と逃亡2724字 更新

そして…もう我慢の限界だった。

第14章:終章3137字 更新

「何で『嫌』なんて言葉、使ったんだよ」