おかしなジータちゃん

 オリジナル設定もりもり。
 基本的には上から順番に読む話。

 ドラスツでラカジタでユスベア。
 ほんのりベア→ドラ、ドラ→オリキャラありなので苦手な方はご注意ください。
 異種族間結婚できる前提のお話。

 あとアオイドス(と残虐三兄弟)が割といる。

 本作品は腐向け要素を含む作品と同じ設備で制作しています。
 『蒼の少女』編以降は平和に暮らしている世界線。

ファンノベル(二次創作)です。
原作者等とは一切関係ございません。
同人誌等は「星神智慧」「ほしがみちえ」名義、サークル名「宇宙混沌」で出版しています。

目次

更新:短編『彼岸の会話』

おかしなジータちゃん[feat. ドランク / 完結済み]

 自らを犠牲にしてスツルムを助けたドランクが元の自分を取り戻す話。

第1章:ドランクを落としたいジータちゃん
  • G
  • 4257字
  • ♥ 10
第2章:ドランクと許婚を見守るジータちゃん
  • G
  • 11159字
  • ♥ 8
第3章:Love Still Alive
  • PG12
  • 5600字
  • ♥ 9

???「投稿するシリーズ間違ってない?」
ぼく「間違ってないよ!(温度差で風邪を引け!」

※流血苦手な人は注意してください

第4章:Share Your Pain
  • R18+
  • 3204字
  • ♥ 5
読み飛ばしても大丈夫。
第5章:美男を脱がせたいジータちゃん
  • PG12
  • 10173字
  • ♥ 6
第6章:Mercenary Meets Mercenaries
  • PG12
  • 3212字
  • ♥ 8
流血表現注意。
アオイドスタグ付いてますがベンジーしか居ない。
光の下を歩きたいベンジーと、光も闇も区別が付かないドランク。
第7章:魔法を覚えたジータちゃん
  • G
  • 6856字
  • ♥ 6
第8章:ドランクを助けたいジータちゃん
  • G
  • 11730字
  • ♥ 8
途中下ネタっぽいので注意してほしい。

みんなおかしい[feat. アオイドス / 完結済み]

 ドランクのバリアを貫通してきた短剣の謎を追う中で、皆が自分に向き合う話。
 『おかしなジータちゃん』開始時点から1年半後くらい。

第1章:THE DOSSSS with Tramonto Familia
  • G
  • 12821字
  • ♥ 4
DOSSSSになった後のドス達とトラモント・ファミリア。
各種フェイト・イベントネタバレにご注意ください。
第2章:ラカムの恋路を応援する会
  • G
  • 3517字
  • ♥ 2
第3章:ドランクを訝しむジータちゃん
  • G
  • 3583字
  • ♥ 3
第4章:思わぬ邪魔が入ったジータちゃん
  • G
  • 5476字
第5章:うっかり見られちゃうジータちゃん
  • G
  • 6894字
  • ♥ 2
第6章:寝た子を起こしたベンジーちゃん
  • G
  • 7364字
グラフェスでアオイドスが実在していた…。教えてくださったフォロワーさんありがとう…。
第7章:とてもお怒りのジータちゃん
  • G
  • 7230字

違和感[feat. ラカム / 連載中]

 1~3はアウギュステでトラブルに巻き込まれるジータちゃん達の話。
 『みんなおかしい』の翌年の夏の話です。

第1章:男の子になっちゃったジータちゃん
  • G
  • 6564字
  • ♥ 1
性別が入れ替わってしまう定番ネタ。
第2章:誘拐されるドランクちゃん
  • G
  • 4100字
  • ♥ 1
第3章:意識しちゃうジータちゃん
  • G
  • 5742字

白の亡霊[feat. ドランク, バレンティン / 完結済み]

 時系列的には『違和感』の第3章と第4章の間。
 番外編っぽい感じなのと長くなってしまったのでラカムの部から分割。
 ありとあらゆるもの(過去とか本名とか)を捏造していくスタイル。

第1章:白の亡霊
  • PG12
  • 5581字
作者は夏休みの朝に幽☆○☆白書を見て育ちました。
第2章:デート観戦とはいかないジータちゃん
  • PG12
  • 6249字
流血表現注意。
第3章:勝者のディナー
  • PG12
  • 5859字
ガンダルヴァ×リーシャを取り扱っている方は他にいらっしゃいませんか?
第4章:翠の追憶
  • PG12
  • 8332字
ちょっとグロいかもしれない。
第5章:それでも共に歌は歌える
  • PG12
  • 6305字

短編

第1章:彼岸の会話
  • G
  • 2692字
『みんなおかしい』の後の話。 ユーステスとドランクはお互い口が堅い事を知っていてついぽろっと漏らしちゃう関係だと良いなという妄想。

このサイトではクッキーを使用しています。
詳細