ドラスツ

  • G
  • 27151字
  • ♥ 10

その花が枯れるまで

スツドライベントより後、ドランクの実家の話(全て妄想)
お坊ちゃまな恰好をしているドランクが書きたかっただけなのにどうしてこんなに長くなった…。
※ドラスツ婚約済み(というか事実婚)だが周囲には公表していない(察されてる)
※ドランクの実家めちゃくちゃ捏造。ドランクの父親死んでる
※都会の匂いのする男=若ドランクなので安心してほしい(?)(本の書き下ろし部分でやった言い回しなので補足)
※ドランク右目を幼少期に失明してる設定
『ドランクの仕事』『僕が死にたがりになるまで』を読んであるとわかりやすいです。
  • PG12
  • 11662字
  • ♥ 8

ドランクの仕事

ドランクはこの事件を経て黒騎士との初対面でドン引きしてほしい。
あとドランクは自分で操舵する時は酔わないタイプ。
※割とキャラの濃いモブが居る

この頃の衣装設定
ドランク:若い時の衣装+右耳にピアス一個だけ+マント。普段は髪は下ろしてる
スツルム殿:ピアスが無いこと以外はファータ・グランデ空域の衣装と同じ