Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

Rose

黒い薔薇[そうび]を胸に
独り暮れる庭に佇むのは
僕の愛する最高の少女

甘い声で囁いて僕を夢に置き去りにして
何食わぬ顔で微笑む 何処にも悪なんてものは無い
此処に在るのは昔から憎らしい程の愛だけ

Lolita その眼には何が宿っているの
紅い紅い情熱の炎 焼き尽くしてしまえ
この庭に咲く 咲き乱れる僕達の罪の薔薇の花

碧い湖の下
沈んだ二人に想いを寄せた
恋に恋する純粋な乙女

白い指で搦め捕った僕の願いは叶わなくて
誰も責める事は出来ぬ 此処には罪なんてものは無い
君が持つのは昔から恐ろしい程の純潔

Lolita その眼には誰が映っているの
淡い淡い恋心の炎 燃え尽くされてしまえ
この庭に咲く 咲き続ける僕達の愛の薔薇の花

Lolita その手には何を握っているの
細い細い運命の糸 引き千切ってしまえ
この庭に咲き いつか朽ちる僕達の罪の罰の花

紅い紅い情熱の炎 焼き尽くしてしまえ
この庭に咲く 咲き乱れる僕達の愛の薔薇の花

作品の情報

作詞
Cosmos and Chaos [2008-08-06]
Picture
Cosmos and Chaos
ライセンス
Creative Commons BY-NC 表示 - 非営利 4.0 国際
お読みください
最新版をダウンロード