Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

Sangreal

歴史はいつも 運命と偶然を
混ぜこぜにするけど知る術は無い

時間はいつも 真実と想像を
判らなくするけど道は一つだけ

たとえ僕が磔刑になっても
どうか聖杯だけは壊さないで

たとえ君と別れてしまっても
どうか僕の事だけ忘れないで

教会の上 白い鳥が飛び立つ
自由の青い空へ僕は飛べない

教会の下 白い骨が眠ってる
囚われた青い薔薇 君はその花

もしも僕が磔刑になるなら
どうかその薔薇だけは枯らさないで

もしも君の許しが乞えるなら
どうか僕の剣だけ受け取って

夜は罪の時間なんかじゃなく
一番気高き心を持っている

たとえ僕が磔刑になっても
きっと僕の心は変わらないから

たとえ君が離れていっても
ずっと君の心よ変わらないで

もしも髪が僕等を見てるなら
どうか聖書だけは燃やしてほしい

もしも一つだけ願いが叶うなら
どうかあの日の事は忘れさせて

たとえ僕が磔刑になっても
どうか僕の薔薇よ涙しないで

作品の情報

作詞
Cosmos and Chaos [2007-12-31]
ライセンス
Creative Commons BY-NC 表示 - 非営利 4.0 国際
お読みください
最新版をダウンロード