Jacket

シュレディンガーの戀

君がいつか蓋を開ける時
知る事になるだろう
まだ今は不確定な道
そのままにしておいて

後ろ向きな姿勢が嫌いで
共には生きられない
この世界と君の世界には
越えられない壁がある

けど在るままで居て
全てよそのままで
伝えれば消えてしまうから

見抜けない冗談も
選べない真実も
全部信じて、否定して
終わりある幸など要らない

君が誰を好いていようと
僕が何を想おうと
箱に詰めたら埋めるだけ
音の無い世界へ往くまで

煮え切らない態度が嫌いで
何にもあげられない
向きのずれた二つの照準
合わせるのはいつも僕

けど合わないでいて
此方には来ないで
解れば潰えてしまうから

片側の苦しみが
均衡を崩すなら
僕は両眼を抉ろう
この終わり方なら本望だ

君が誰を傷付けようと
僕が何を壊そうとも
一番だけは変わらない
終わりより先があるとしても

笑ってよ
嘲笑で構わない
それが僕の糧だ
愛している

一つだけ望むなら
あの言葉をもう一度
全部信じた 心から
「きっと好い事がある」って

その時はまだ来ない
嘘か真か決められない
僕の想いも同じなんだ
だから訊かないでいてくれ

音の無い世界へ往くまで