Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

自意識不足

「どうして?」と君は笑う
高い声が喉を切り裂いた
答えない僕に君は、どうして
どうして、とまた谺する

夕焼けに染まった滑り台の下に
埋めてあるのは何だったっけ?
確かめてみようか そんな意気地なんて
もう何処かに置き忘れてしまった

自意識不足の自分に酔い痴れて
くるくる回る
滑稽なら指をさしてみてよ

自分で不測の事態に陥って
めそめそ嘆くくらいなら
受け入れられるだろう

誰にも告げずにそっと葬った
弔う者など誰も要らない

愛せよと 愛してと
泣き喚いて 泣き疲れて
制服なんて 征服なんて
僕はただの愚か者だ

夕焼けに染まった滑り台の下で
何の為に泣いたんだっけ?
確かめてみようか そんな資格なんて
こんな僕が持っている訳ないね

自意識不足の自分に酔い痴れて
ぐるぐる廻る
僕は可哀想とは思わないよ

自分で不測の事態に陥って
じくじく疼く
傷痕を抉っているだけさ

君には告げずにそっと葬ろう
弔う者など誰も要らない

作品の情報

作詞
Cosmos and Chaos [2016-02-19]
ライセンス
Creative Commons BY-NC 表示 - 非営利 4.0 国際
お読みください
最新版をダウンロード