Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

snow

砕けた世界へ降りていく
降りていく
君の為に流したものは
何であっただろうか

吹き[すさ]ぶ足音に怯えてばかりの
僕の溜息など取るにも足らない?
聴こえている筈のこの距離 意外に
「孤独だ」と呟く声すら掻き消して

見付からない解を探す
冒険が作業に変わったその日から
誰もが言葉を捨てる
感情に汚い名前を付けるから

砕けた世界へ降りていく
降りていく
君の為に流したものは
何であっただろうか

優しくなりたいと思った
誰の為?
問いかける人など居ない
下がり続ける温度

別れを口走るその度悔やんでも
離れたその手と手 元には戻せない
震えている心揺さぶるだけなら
僕にも出来るけどそれでは意味が無い

間違いなく言える事は
人生は儚く終わりを待っている
誰もが同じ思いで
彷徨っている事気付いて 気付いて

弾けた瞬間だけ見える
逃さないで
君の為に出来ることは
そう多くはないから

綺麗でありたいと思った
それすらも
初めから間違っていると
存在自体が[]

砕けた世界へ降りていく
降りていく
既に汚された世界なら
積もる罪も無いかな

優しくなりたいと思った
君の為
温める事も出来ない
そんな僕でも

砕けた世界へ降りていく
降りていく
君の為に流したものは
何であっただろうか

寄り添っていたいと思った
君の胸
その音が聴こえたのなら
もう悔やんだりしない

作品の情報

作詞
Cosmos and Chaos [2013-12-04]
ライセンス
Creative Commons BY-NC 表示 - 非営利 4.0 国際
お読みください
最新版をダウンロード