Jacket

青い時代

放課後の向かい合う視線
僕は声を震わし
謝る言葉 目を丸くする君

揺れたのはカーテンと何だ
椅子が床を擦った
掴まれた肩 告げられた始まり

ちぐはぐだって皆が言った
伸ばした指を何度引っ込めた?

厚い掌に寄せる期待と
不安ごと抱えて連れて行って、なんて
都合が良すぎるだろう、「ごめん」
非力さを嘆いた

細いこの指に寄せる唇
明日また此処で「続けよう」なんて
夢を見ている様だ
とても罪深い青い時代

帰り道離れ行く背中
君は肩を震わし
見失う道 自分を重ねた

「強い子」だって誰に言われた?
語らない背を二度と離さない

僕を押し潰す淡い期待を
憎む日々を明日も「続けよう」なんて
諦めていただけなんだ、「ごめん」
君に夢を見ていた

黒い瞳が絡め取っていく
真実の糸に身を任せ
今は二人重なる全て
似た者同士の青い時代

厚い掌に寄せる期待と
不安ごと抱えて連れて行って、なんて
都合が良すぎるだろう、「ごめん」
非力さを嘆いた

細いこの指に寄せる唇
明日また此処で「続けよう」なんて
夢を見ている様だ
とても罪深い青い時代