Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

誰そ彼

鉄塔の向こうに広がる赤と青の空
信号も同じ色で曲がる路地照らしてた

涼しい茜色を僕は初めて見た
此処は隣町
電車の下を潜り抜け
誰と出逢う?

もう此処には居られないと気付いて
泣きながら[うち]へ帰ったあの日
夕焼けはただ[あか]かった
焼けるように熱かった

通りゃんせ鳴りだす誰も居ない交差点を
冷えていく風に追われる様に急いでいた

もう僕の街には黄昏時なんて無い
君の町にしか
日が暮れていけばいく程
君が見える

もう君には会えないと悟って
震えてた 部屋で独り悔やんでた
あの夜は明るかった
全てを照らし出していた

明る過ぎてカメラに映らない街灯
此処は僕の街
手摺りの無い階段上り
君と出逢う

永遠も完全も在りはしない
厚い雲が覆い被さる様に
突然見えなくなった
この河の向こう側に

もう誰にも恋しないと何度も
何度も刻んでも無意味だった
君を憎む事も忘れる事も出来ないんだ
ならせめて想い出に

作品の情報

作詞
Cosmos and Chaos [2009-08-10]
ライセンス
Creative Commons BY-NC 表示 - 非営利 4.0 国際
お読みください
最新版をダウンロード