Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

white

雪が舞う それを眼で追う
速いようで ゆっくりで 気が付けば溶けた後
心まで 掠われるみたい

見えない欲望に駆り立てられて
ただ紙に針で穴を開けるように
この一面白い世界に
私という色を撒き散らしていたい

駆け抜けた 少女時代に
戻れるなら もう一度 貴方に恋をして
心まで 掠われてみたい

腐った感情に押し流されて
情熱を失ったこの世界を
白く覆ってる心の雪
私の持つ熱で解かしていきたいよ

ほら景色の向こうに見えた残像は
美しい遠い夏の日の想い出

雪が降り いつか積もって
私達の 醜さが 隠れてしまえばいい
明日まで 掠われたくない

花が散る その季節まで
速いようで ゆっくりで 気が付けば過ぎた後
時間も 私色にしたい

作品の情報

作詞
Cosmos and Chaos [2008-02-27]
Picture
写真AC
ライセンス
Creative Commons BY-NC 表示 - 非営利 4.0 国際
お読みください
最新版をダウンロード