Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

WILD NIGHT

孤狼の遠吠えは
月夜の空を刺す
目には見えねども
其処に確かに居る

本能のままに
君を抱く事が出来るなら
この世界に夜など要らない
もっとしっかり太陽だけを
見据えて生きる事が出来る筈

獣道を手探りで
歩く様なこの感覚を
忘れはしない
遠い空もきっと輝いているから

猛虎の雄叫びは
森の大地を割る
震えはせねども
此処に確かに在る

欲望のままに
道を行く事が出来るなら
この世界に君など要らない
もっとはっきり運命だけを
見詰めて生きる事が出来た筈

夜の森を傷を負い
逃げる様なこの苦しみを
忘れられない
青い雲がずっと浮かんでいる限り

駿馬の[いなな]きは
我を夢から醒ます
君は知らぬだろう
夜は[まこと]の闇

感情のままに
君を愛せれば良かった
この世界に永遠など無い
もっと早くにその真実に
気付いて生きていれば今頃
こんな夜を繰り返さない

君もいつかは知る
夜は真の狂気

作品の情報

作詞
Cosmos and Chaos [2007-12-31]
ライセンス
Creative Commons BY-NC 表示 - 非営利 4.0 国際
お読みください
最新版をダウンロード