Jacket

誘導尋問と陽動作戦

もっともっと揺さ振って
不安になればなる程
そっとそっと囁いた
言葉が確かな意味を持つ

本当に一瞬の出来事
笑う君の肩に揺れる髪
濡れた唇が仕える先は
僕じゃない他の誰かと知っていたのに

Do you, do you, do you love me? なんて
君が尋ねるものだから
Yes I, yes I, yes I do と答えて
見事に君の思う壷

もっともっと抱き寄せて
消えてしまわない内に
君のその悪戯な
心が僕を捕らえる様に

本当に束の間の幸福
[わら]う君の声が反響する
揺れる陽炎の様に現れ
伸ばす僕の指の間を擦り抜けてく

I love, I love, I love *** と[うそぶ]
君が愛しいものだから
I love, I love, I love you と嘘でも
求める僕の思う壷

もっともっと引き寄せて
君は気付いてないだろう
まだまだ子供だね
大きくなればきっと解るさ

もっともっと揺れてみて
僕と誰かの狭間を
きっときっと最後には
この腕が君を抱いているだろう

Do you, do you, do you? と誘導尋問
寛容に動揺する陽動作戦
誘われてみた振りしただけ
そんな事必要無いのに

もっともっと揺さ振って
不安になればなる程
そっとそっと囁いた
言葉が確かな意味を持つ

もっともっと抱き寄せて
泣いてしまわない内に
君にこの純粋な
想いを伝えてあげなきゃね

何で? なんて訊かないで
君は気付いてないだろう
ずっとずっと愛してるのは
お互い様って事をさ

もう良いよじっとして
殊更に気を引かないで
そっとそっと囁いて
それだけで