Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

YURERU

最近のテレビは切れる時ブツンと音がしなくなった
ただパソコンのファンの音が僕の部屋に響いていた

この国では道路の舗装と電気自動車がオクれてて
今日も裏の国道のトラックが家を揺らしていた

展望台に登った事がある
風に揺れていたフロアは錯覚だろうか
ゴミまみれの街と汚された海しか見えないのに
塔を建てるとか馬鹿じゃない
そこに登るのも馬鹿じゃない

中坊の時工場[こうば]の裏で修羅場を見た事がある
喧嘩しながら二人はずっと離れようとしなかった

揺れる心を僕は知っている
君に揺れていた昔は幻覚だろうか
共に居ても辛い目とか痛い目しか見れないのに
捨てられないとか馬鹿じゃない
捨ててしまうのも馬鹿じゃない

この僕には言葉の整理と想いの固定が出来なくて
今日も君の思わせ振りな素振りがほら、揺らしている

揺れる心を僕は持っている
君に揺れていた心は本物だからね
君と居ても辛い目とか痛い目しか見れないのに
捨てられないのも普通でしょ
僕のテレビは音を立てる

作品の情報

作詞
Cosmos and Chaos [2010-05-10]
ライセンス
Creative Commons BY-NC 表示 - 非営利 4.0 国際
お読みください
最新版をダウンロード